自由な時間

お久しぶりです。コロナウイルスことCovid-19の影響で、学校や会社等は、多くの場所で休みになっているようです。

私もその影響を強く受け、3月上旬より自宅での自粛生活をしていました。

自分のしたいことを思うがままにする生活を送って、時間に縛られることがなくなりました。

朝までプログラミングをしたり、昼間で寝たりと、ある意味だらしない、ある意味人間的な生活をしたと思います。

しかし、緊急事態宣言も解除され、多くの経済活動が再開をされているようです。私も今日より様々な活動が再開され、時間を始めとして、様々な成約を受ける生活が始まりました。

今、改めて長い自粛期間を振り返って見ると、強い様々な制約を受けているときと比べて、非常に時間は早く進む感覚がありました。やはり自分の好きなことやモノに没頭する瞬間というのは、あっという間にすぎるものです。

そういう意味では、様々なものに本気で取り組める人は、そうとう早く時間が進んでいるんだろうと思います。

逆に普段から様々な制約を大きく受けながら、自分のしたくないことを続けている人は、非常に遅く時間が進んでいるんだろうと思います。

そういう意味ではどちらのほうがいいと一様に言うことはできないかもしれませんが、私はしたいことを全力でし続け、あっという間に死んでいきたいと考えることもあります。もちろん年数的な少なさではなく、体感的な少なさです。

自分の好きなことを全力でし続けるためにも、自分の好きなことでどれだけお金を稼げるかをずっと考えることは、重要なことだと思います。

私も、ずっとプログラミングをして生きていきたいものですが、プログラミングはプログラミングを書くだけでダイレクトに収入に繋がる為、非常にやりやすいと感じます。

逆に、ダイレクトに収入に繋がらない職業の人は本気でどう収益化するかを考え続けてほしいと思います。今の時代はどんなことでも工夫次第で収益化できる時代ですから。

 

 

このように発信し続けて行くことは、人に知ってもらうという意味もありますが、このような個人が書いたブログなど訪れる人は限られています。そのため、人のためというよりは、自分のため。自分がその時何を考え、何をしていたのかを思い出させ、次のレベルにステップアップするためのアイデアの補助という意味合いのほうが強いです。

そういう目的なら、映像や音声などのほうがいいと思いますが、制作のコストとしては文章は圧倒的に低い為、取り敢えず文章から始めたと言う訳です。いつかは映像や音声として残して行きたいと思いますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です